総統選出馬表明の郭台銘氏、米台FTA締結意欲

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業の董事長で、2020年の総統選挙に最大野党・中国国民党からの出馬意向を表明している郭台銘氏は、台湾誌「遠見雑誌」のインタビューで、自らが総統に就任すれば中国と米国との対話を促進するとし、「米国と台湾との自…

関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

蔡総統、再任へ第一関門突破 民進党予備選、頼氏の夢敗れる(06/14)

個人ノートPCシェア2割へ 台湾ASUS、細分化で市場掴む(06/14)

中台連合傘下へ追加策、再建は正念場(06/14)

台湾二輪キムコが工場、ビワディで年20万台(06/14)

グーグルが「中国離れ」、台湾などに生産移設か(06/14)

可成、台湾と東南アジアで拠点拡大へ(06/14)

正ワイ、インド・ミャンマーに生産拠点分散(06/14)

ラーガン、スマホ新機種増で生産ライン満載(06/14)

和大董事長、19年売上高は「8~10%減少」(06/14)

南亜、米中対立で5G向けPCBなど需要拡大(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン