総統選出馬表明の郭台銘氏、米台FTA締結意欲

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業の董事長で、2020年の総統選挙に最大野党・中国国民党からの出馬意向を表明している郭台銘氏は、台湾誌「遠見雑誌」のインタビューで、自らが総統に就任すれば中国と米国との対話を促進するとし、「米国と台湾との自…

関連国・地域: 中国台湾米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国旅行客の受け入れ停止、台湾が大陸行きも(01/27)

中国人の訪台手続き停止、感染拡大で一層厳格化(01/27)

バウハウス、中国本土から撤退=台湾も半減(01/23)

クロワッサンの八月堂、香港で出店加速(01/23)

台湾デルタ、アプリでEV充電所の情報提供(01/23)

テイクオフ:「大騒ぎだよ。台湾は大…(01/22)

19年のGDP成長率は2.73% 4Qが好調、回帰投資など追い風(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン