• 印刷する

テイクオフ:日本のコンビニが24時…

日本のコンビニが24時間営業の見直しを迫られている一方、わが家近くのミニマートはラマダン(イスラム教の断食月)限定で24時間営業に切り替わった。いつもは午後9時~10時に閉店するので消費者としてはありがたい。

日中に断食するラマダン中は夜間の消費活動が活発になると言われる。首都のショッピングモールは断食が明ける直前になると「ミッドナイトセール」を開催して深夜までにぎわっている。

先のミニマートは、日没から午後9時くらいまでが最も混雑するという。なじみの店員は「他店からヘルプが入るけどいつもより大変」と愚痴をこぼした。疲れからか深夜帯はレジの向こうで1~2人が床に座って眠り込んでいる。人手不足にあえぐ日本のコンビニ業界からすればうらやましい状況なのかもしれないが、こちらはこちらで問題が山積しているようだ。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

東ASEAN成長地域、事務局設置を提案(15:34)

デポック市、条例改正で車庫所有を義務化へ(14:17)

メイカルタ事業、第1期は21年に完工へ(13:40)

テイクオフ:冗談好きのインドネシア…(06/25)

ガイドウェイバスの導入検討 新交通機関で渋滞解消、運輸省(06/25)

エアアジア、8月に国内線5路線が就航(06/25)

20年の統一地方選挙、9月23日に実施予定(06/25)

アールシー、防災情報事業の基礎調査を開始(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン