• 印刷する

テイクオフ:タイ南部クラビ県ピーピ…

タイ南部クラビ県ピーピー諸島のピーピーレイ島にあるマヤ湾の閉鎖が、当初予定から2年延長の2021年半ばまでになった。破壊されてしまった環境を回復させるためだ。タイ有数の観光地閉鎖による観光業への影響は懸念されるが、個人的には大賛成だ。

観光地における環境破壊は深刻だ。先日、東部のマンナイ島にあるウミガメの保護施設でボランティアに参加すると、海岸にはプラスチックなどのゴミが大量に打ち上げられていた。友人ら60人でゴミ拾いをしたが、すべて拾い終えることはできなかった。

これらのゴミが、海洋生物にどんな影響を与えるかは計り知れない。保護施設の担当者によると、ウミガメやイルカなどがこうしたゴミを食べてしまうことが当たり前に起きているという。マヤ湾に限らず、ほかの観光地でも入場制限などの対策を講じていくべきだろう。(ギ)


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:健康診断で運動不足を指…(01/23)

19年の自動車生産は7%減 輸出向け不振、200万台は達成も(01/23)

19年の車輸出7.6%減、7年ぶり110万台割れ(01/23)

車販売プラナコン、ボルボ・三菱自も取扱へ(01/23)

19年輸出額は2.7%減、4年ぶり前年割れ(01/23)

12月の産業景況感91.7、再び下落に転じる(01/23)

南部ソンクラー県でSEZ開発、閣議承認(01/23)

19年の外国人の会社設立、投資額は6割増(01/23)

10輪トラックの首都走行制限、政府が承認(01/23)

コンケンの水上太陽光発電、21年に入札実施(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン