• 印刷する

大正製薬、越同業ハウザンを連結子会社化

大正製薬ホールディングスは20日、大正製薬がベトナムの製薬最大手ハウザン製薬(DHG)を連結子会社化したと発表した。アジア市場における医薬品事業強化の一環としている。

大正製薬グループは、2016年5月にDHGと資本業務提携契約を締結し、同年7月にDHGの株式24.5%を取得した。その後、出資比率を拡大し、今年3月に同社株式の公開買い付け(TOB)を実施。4月までに発行済み株式総数の15.78%の応募を受けたため、出資比率は50.78%まで拡大した。

また、既存株主から0.23%を取得し、一連の取引を通じて計51.01%を保有することになった。現在、企業への出資など国の資本運用を手掛けるベトナム国家資本投資経営総公社(SCIC)が残りの43.31%を保有している。

大正製薬グループは、DHGの連結子会社化を通じ、同社グループのさらなる企業価値の向上を実現していくとしている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 医療・医薬品金融

その他記事

すべての文頭を開く

車整備業の将来を解説、東京海上日動セミナー(11:16)

中古車市場の「確立」遠く 先行の日系2社、需要拡大は実感(09/20)

1~8月の自動車輸入、3.3倍の9.6万台(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

首相、CLMVTに労働者の医療無料化提案(09/20)

運輸省、プロジェクト遅延で「処罰」(09/20)

HCM市の物流ハブ化、25年目標で計画策定(09/20)

日本郵船、バンフォン火発向け石炭輸送契約(09/20)

ダイフクが販社、流通業向けも開始(09/20)

韓国文化省、越3校への図書館設置を支援(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン