• 印刷する

韓国の1~3月成長率、OECDで最下位

20日付韓国経済新聞など韓国メディアによると、韓国の今年1~3月の経済成長率(前期比、マイナス0.34%)は経済協力開発機構(OECD)加盟国のうちすでに成長率を発表した22カ国で最も低かったことが分かった。

韓国は22カ国の平均(0.5%)を大きく下回った。韓国のほかに1~3月にマイナス成長となったのは、ラトビア(マイナス0.3%)、メキシコ(マイナス0.2%)、ノルウェー(マイナス0.07%)のみだった。前年同期比でも、韓国は1.8%で22カ国中14位と下位にとどまった。

前期比の成長率は短期的な景気の動向、前年同期比の成長率は成長速度の傾向を把握する指標とされる。とりわけ、前期比の成長率が22カ国中最低だったことは、最近の景気後退の速度が他国に比べて早いことを示している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国でも定年延長論議が…(06/20)

韓国南鮮アルミ、ビンファストに部品供給(06/20)

韓国輸銀、越に1兆Wを供与 過去5年間の有償資金協力で(06/20)

カムコシティー計画、地場社が融資会社批判(06/20)

5月輸出額9.5%減、半導体不振続く(06/20)

韓国の法人税率、初めてG7平均を上回る(06/20)

19年成長率予測2.0%、フィッチが下方修正(06/20)

老朽インフラに32兆ウォン、管理体制強化へ(06/20)

AD調査を開始、米欧韓の合成ゴムEPDM(06/20)

韓比FTAでEV優遇を、現代自動車(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン