新就労資格、介護EPA人材の移行可能

【共同】政府は17日までに、経済連携協定(EPA)で介護福祉士を目指して来日し4年の就労経験がある外国人労働者について、一定の条件を満たせば4月に始まった新在留資格の「特定技能1号」に試験免除で移行できるようにした。これによりさらに最長5年の就労が可能となる。E…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

バリアブンタウ省へ投資拡大 地方からの経済発展、日本が支援(06/27)

マイリンウィラー、日本語対応の配車アプリ(06/27)

バンブー航空、航空スタッフ養成学校を創設(06/27)

ペトロベトナム、フン副社長が新社長に(06/27)

チバイ港ガスタンク、サムスンC&Tが受注(06/27)

韓国化粧品会社、年内に越へ店舗展開へ(06/27)

ティエンフォンプラ、890億ドン無償増資(06/27)

国産偽造のアサンゾ、商工省が査察へ(06/27)

荒川化学、製紙用薬品の工場立ち上げへ(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン