百度の1Q決算、上場以来初の赤字転落

インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ、北京市)が16日(米東部時間)に発表した2019年第1四半期(1~3月)決算は、純損益が3億2,700万元(約52億600万円)の赤字となった。四半期ベースでの赤字転落は、05年の米ナスダック市場上場以来初めて。販売費及び一般管理費…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

テイクオフ:今年2回目の土用の丑(…(08/07)

医療機器への苦情40倍 コロナで急増、航空券やゲームも(08/07)

下期は自動車にてこ入れ、内需拡大で発改委(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

上半期のサービス貿易、14.7%減の2.2兆元(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

危険化学品を緊急検査、レバノン爆発受け(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン