• 印刷する

テイクオフ:総選挙の一斉開票の日が…

総選挙の一斉開票の日が、刻一刻と近づいている。23日の結果発表に、世界が注目している。

「どの政党が勝つか、今回は予測が困難」。専門家のそんな見解に対して、ビジネスパーソンや投資家は不安を募らせる。インド経済の成長減速が顕著だからだ。米中の貿易戦争や米国のイランへの制裁といった国際問題を受けて、自動車、観光、日用消費財(FMCG)といった業界は特に不調が目立っている。そんな状況で安定した政権が生まれるかどうかの予測が難しいとなれば、不安になるのも当然だろう。

今回の選挙は、「強いリーダー像」をアピールして国民の支持を得たモディ氏が率いるインド人民党(BJP)と、新政権の誕生に向けて一致団結する国民会議派含むその他の政党が戦う構図となっている。どちらに軍配が上がるにせよ、新政権には「ブレない政治」が求められる。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:開いた画面があっという…(06/26)

ダッカで都市鉄道の整備進む 日本が円借款、新たに525億円(06/26)

新興企業を支援、スズキやみずほがファンド(06/26)

二輪・三輪車メーカー、完全電化方針に反対(06/26)

南部のゴム農家、タイヤ生産で新会社設立(06/26)

5月の車種別販売、スズキ「イーコ」が躍進(06/26)

高級中古車販売BBT、ネット販売を強化(06/26)

タタIT、日本の合弁への出資比率引き上げ(06/26)

東部の超大型発電事業、技術コンサル公募(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン