• 印刷する

テイクオフ:総選挙の一斉開票の日が…

総選挙の一斉開票の日が、刻一刻と近づいている。23日の結果発表に、世界が注目している。

「どの政党が勝つか、今回は予測が困難」。専門家のそんな見解に対して、ビジネスパーソンや投資家は不安を募らせる。インド経済の成長減速が顕著だからだ。米中の貿易戦争や米国のイランへの制裁といった国際問題を受けて、自動車、観光、日用消費財(FMCG)といった業界は特に不調が目立っている。そんな状況で安定した政権が生まれるかどうかの予測が難しいとなれば、不安になるのも当然だろう。

今回の選挙は、「強いリーダー像」をアピールして国民の支持を得たモディ氏が率いるインド人民党(BJP)と、新政権の誕生に向けて一致団結する国民会議派含むその他の政党が戦う構図となっている。どちらに軍配が上がるにせよ、新政権には「ブレない政治」が求められる。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日用品需要、農村部で回復 コロナ影響少ない地域ほど上向き(08/07)

マルチスズキ、昨年度に整備拠点250カ所追加(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

車の購買意欲はコロナ前と同水準=グーグル(08/07)

配車ウーバー、エンジニア140人の雇用計画(08/07)

香港企業、南部の物流用地33億ルピーで取得(08/07)

政策金利4.0%に据え置き、3会合ぶり(08/07)

自動車5社コロナで赤字、トヨタ・スズキは黒字(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン