比中連合のLNG基地建設、予定地決まらず

フィリピンの石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンと中国国営の中国海洋石油(CNOOC)の合弁による、液化天然ガス(LNG)受け入れ基地建設の開始が遅れている。建設予定地が決まらないためだ。発電所と合わせ、2023年中の稼働を目指しているものの、当初…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アルソンズ、発電2事業に440億円投資(06/14)

1Qの金属生産額は12%増、金増産で(06/14)

中間層拡大、モス展開の商機 合弁先CEO「20年前から視野」(06/14)

PLDT、本社再開発でNTTと協議(06/14)

アヤラ子会社、米医療技術会社に出資(06/14)

ジョリビー、米越など海外で出店攻勢(06/14)

コカコーラ、比に容器リサイクル工場建設へ(06/14)

1~4月の外国人旅行者、8.6%増の287万人(06/14)

国内線の航空旅客数、1Qは10%増の709万人(06/14)

グラブ、ハッチバック規制の緩和を要求(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン