• 印刷する

ミャンマー活性化へ、「みゃんこん」結成

日本で全国に広がりを見せている鎌倉発の地域活性化プラットフォーム「カマコン」の手法を取り入れ、ミャンマーを盛り上げるための「みゃんこん」が18日、最大都市ヤンゴンで発足した。仕掛け人は民政移管後に増えた社会起業家ら。カマコン発起人の一人である面白法人カヤック(鎌倉市)の柳澤大輔代表も訪れ、19日に講演した。

「みゃんこん」はミャンマーを愛する誰でも参加できる。18日には、経営者や社会起業家、駐在員、主婦など多様な顔ぶれの50人余りが集った=ヤンゴン(NNA)

「みゃんこん」はミャンマーを愛する誰でも参加できる。18日には、経営者や社会起業家、駐在員、主婦など多様な顔ぶれの50人余りが集った=ヤンゴン(NNA)

2013年に始まったカマコンでは、鎌倉を愛する多様な立場の人が、地元の社会資本や環境資本を生かした活性化について意見を出し合い、まとまったアイデアを実現。座禅を絡めたハッカソン(技術者がアイデアを競うイベント)から食堂運営まで取り組みは幅広い。話し合いでのブレスト(ブレインストーミング)の効果が着目され、日本国内37カ所に広がった。海外ではミャンマーが初めてだ。

「みゃんこん」発起人の一人である中原一就さん(29)は、貧困層の居住区など社会課題のある現場を巡るツアーを組む旅行業や農家支援につなげるための飲食業を手掛ける。在住6年になるが、発展途上のミャンマーを見下す発言を周囲で聞き、落胆したこともあった。昨年末、「自分たちでミャンマーを良くし、『面白く』していくやさしいコミュニティーを作ろう」と仲間2人と一念発起。昨年12月に設立した日本人起業家ネットワーク「WAOJE」(World Association of Overseas Japanese Entrepreneurs)ヤンゴンと協力し「みゃんこん」を実現した。

18日に行われた初の「みゃんこん」には、駐在員や主婦、学生など50人余りが参加。柳澤氏も加わったブレストで「格好いいトイレ掃除を根付かせる」「クラウドファンディングの実現」など4テーマで意見を出し合った。柳澤氏は講演で、海外の日本人移住者が持つ結束力や対象国への向き合い方に触れ、さまざまな試みが「日本より早いスピードで実現できるのではないか」と述べた。中原さんは「活性化案を実現する際には、ミャンマー人を巻き込んでいきたい」と話す。

「カマコン」を立ち上げた柳澤氏の講演に約120人が耳を傾けた=19日、ヤンゴン(NNA)

「カマコン」を立ち上げた柳澤氏の講演に約120人が耳を傾けた=19日、ヤンゴン(NNA)

民政移管時に500人余りだったミャンマーの在留邦人は現在までに約2,600人となった。経済発展に伴う企業進出が進む一方で、個人事業主や社会起業家も増え、その活動や視点も新たな広がりを見せ始めている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コータウン空港改修で再入札 落札の地場航空会社が権利放棄(06/17)

トヨタ、ミャンマーで新型アバンザを発売(06/17)

太陽パネルは海外に活路、新興国需要を狙う(06/17)

NEXI、商社2社のティラワ港出資に保険(06/17)

ヤンゴン、一部地域で計画停電6時間に延長(06/17)

チャウピュー発電所、売電契約の締結間近か(06/17)

携帯決済オンゴー、小口金融BRACと提携(06/17)

金融規制局、金融包摂ロードマップを発表へ(06/17)

児童60万人以上が危険労働に従事=ILO(06/17)

ヤンゴンで手榴弾を模した不審物、一時騒然(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン