• 印刷する

初の国産米、植物品種保護権を取得

シンガポールの生命化学関連企業テマセク・ライフサイエンシズ・ラボラトリー(TLL)は、自社開発したシンガポール初の国産コメ・ブランド「テマセクライス」について、シンガポール知的財産事務局(IPOS)から植物品種保護権を取得した。TLLはこれを機にテマセクライスの輸出拡大を目指す。

TLLは政府系投資会社テマセク・ホールディングスの傘下企業。テマセクライスは既に栽培技術で特許を取得し、ブランド名の商標登録も済ませている。TLLは植物品種保護権を取得することで、テマセクライスを最大25年にわたって独占的に生産、販売、輸出入することができる。既存の品種と明確に区別して独自性を保つ。世界中には稲の品種が約4万種以上あるといわれる。

TLLは各種権利の獲得を済ませたことで、将来的には中国や米国を含む海外70カ国・地域以上への輸出を目指すとともに、販路拡大などでパートナー企業探しを進める。

TLLは2008年からテマセクライスの研究に着手。細菌病に強く、気候や環境といった大きな変化にも耐えられるのが特長で、1ヘクタール当たりの平均収穫量は在来品種の約4倍に上る。

16年にはシンガポールのスーパーマーケットなどで販売を開始。シンガポールの電子商取引(EC)サイト、キューテン(Qoo10)でも売られている。

TLLはシンガポール初の国産コメ・ブランド「テマセクライス」の植物品種保護権を取得した(同社公式サイトより)

TLLはシンガポール初の国産コメ・ブランド「テマセクライス」の植物品種保護権を取得した(同社公式サイトより)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

商業不動産投資が堅調、1Qは72%増(17:15)

淡水化施設の水処理膜、政府が入れ替えへ(17:15)

豪ウエストパック、住宅ローン事業から撤退(17:15)

ジョ州のRTS、9月まで着工延期で合意(12:39)

テイクオフ:週に1回は、近所のホー…(05/22)

成長率上限、2.5%に下方修正 米中貿易戦争の下振れリスク懸念(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

1~3月輸出額は6%減、東アジア向け不振(05/22)

SGX上場企業、1~3月期は4%増益(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン