• 印刷する

WA鉱区、INPEXと大阪ガスが取得も

オーストラリアのメディア大手セブン・グループが、保有する西オーストラリア(WA)州ブラウズ海盆のクラックス鉱区の権益15%を売却する計画だ。その際、国際石油開発帝石(INPEX)と大阪ガスが売却先の最有力候補になっているもようだ。セブンは今年に入ってから、金融大手のモルガン・スタンレーを指名して売却先を探しているという。同区開発への投資額は3億豪ドル(約227億4,105万円)相当に上っていると見積もられ、最終入札は6月とみられている。【NNA豪州編集部】

17日付の全国紙オーストラリアンによると、セブンは入札についてコメントを控えているが、情報筋によれば売却手続きは進められており、「権益の扱いについて選択肢を探っている段階ではない」という。

INPEXの広報担当者はNNA豪州に対し「クラックス鉱区は、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルがオペレーターを務めるWA州プレリュード液化天然ガス(LNG)プロジェクトのバックフィル用。わが社は同プロジェクトの権益を保有しているが、本入札についてはコメントすることはない」とのみ話した。

両社が売却先候補として挙がった背景には、日本企業が最近、低金利環境下のオーストラリア市場で積極的に機会を模索していることがあるという。

セブンは同鉱区の権益を2014年に取得。近年、石油・ガス部門への進出を拡大していた。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

豪オースタル、2千万ドルでセブ造船所拡張(18:06)

コマツ、豪の鉱山機械トレーニング企買収(17:38)

世界の航空会社ランク、今年もANAが3位(17:38)

豪株式続伸、07年以来の高水準を維持(17:38)

テイクオフ:我が家にホームステイ中…(06/20)

NSW州、給与税下限を拡大 新年度90万$に、中小企に恩恵(06/20)

NSWインフラ拠出膨大、連邦支援は減少へ(06/20)

NSW、退職ビザの海外投資家の印紙税免除(06/20)

SA予算案、黒字も低金利で借入れ拡大へ(06/20)

豪国税局、現金給与支払いの税控除認めず(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン