• 印刷する

マレーシア開発銀、7%の新しい昇給で合意

マレーシア開発銀行(BPMB)はこのほど、全国商業労連(NUCW)と新たな労働協約で合意した。2016年7月~19年3月の給与に対して、7%の昇給適用などが含まれる。ニュー・ストレーツ・タイムズが14日伝えた。

BPMBの正規・非正規行員の90人が恩恵を受ける。BPMBは今回の遡及(そきゅう)対応に関する文書をマレーシア財務省に提出し、3月に承認を得た。給与調整には、基本給のほか、生活費手当や医療補助も対象に含まれ、それぞれ33%、20~38%引き上げた。

労働協約の適用期間については、従来の3年から5年に延長した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ベルジャヤ上期決算、1.8億リンギの損失(02/28)

パブリック銀、過去10年で初の減益(02/28)

ペトロナス化学部門、通期41%減益(02/28)

NAPは自動車価格に影響なし、サイム(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(02/28)

山田コンサル、地場同業と業務提携(02/28)

特別国会で新首相決定へ 来月2日、国王の議員面談実らず(02/28)

政府が景気刺激策発表、200億リンギ規模(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

<資料>マレーシア政府の2020年景気刺激策(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン