• 印刷する

《日系進出》森永製菓がタイに販売会社

森永製菓は13日、タイの首都バンコクに販売会社を設立したと発表した。海外事業戦略の重要な地域と位置付ける東南アジアで唯一の販売拠点となる。新規市場の開拓や営業拠点網の整備を目的とする。

5月10日付でモリナガ・アジア・パシフィックを設立した。タイを拠点として東南アジアや香港、オセアニア地区の販売・マーケティング活動を展開する。資本金は5,714万バーツ(約1億9,800万円)で、森永製菓が全額出資した。

森永製菓の広報担当者によると、タイでは2015年に駐在員事務所を設立し、市場調査を実施してきた。現在は中国や台湾から商品をタイに輸出し、代理店を通じて主力製品のソフトキャンディー「ハイチュウ」などを販売している。

同担当者は、「タイは東南アジア諸国とのアクセスが良い。日本との親和性も高い」と話し、域内での販売強化に期待を示した。

東南アジアでは今年1月、インドネシア法人の保有株を合弁相手のキノ・インドネシアに譲渡し、合弁契約を解消している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外で亡命生活を送るカ…(11/13)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

マツダ、SUV「CX―8」を投入(11/13)

エネ統制委、来年4月まで電気料金据え置き(11/13)

共有オフィスIWG、フランチャイズ展開へ(11/13)

ゴールデンランド、新たな複合施設を開発へ(11/13)

SCGとマヒドン大、共同でポリマー開発(11/13)

在タイ大使館職員を告発、出稼ぎ認可で収賄(11/13)

PTTEP、5カ年投資計画を来月発表(11/13)

ホームプロ、中部配送センター強化に72億円(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン