財閥サンミゲル、1Qは18%の減益

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)の2019年第1四半期(1~3月)の連結決算は、純利益が前年同期比18%減の128億ペソ(約269億円)だった。本業のもうけを示す営業利益は5%減の311億ペソ。売上高は7%増の2,509億ペソだった。 主要部門である食品事業…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

メトロバンクとBDO、米ドル建て社債発行(07/10)

中国との農業技術協力、プログラム再開(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン