• 印刷する

テイクオフ:台湾のダンスカンパニー…

台湾のダンスカンパニー「雲門舞集(クラウド・ゲート)」が先週末、シンガポール湾岸部の劇場で公演を行った。雲門舞集の45周年を記念するとともに、振付師の林懐民氏の最後の作品発表の場となった。

舞踊の世界は西洋発のクラシックバレエが最上位と言っても過言ではないくらいに存在感がある。プロのダンサーのほとんどがバレエの基礎を学んでいる。バレエは長い手足をさらに長く見せるように踊ることが美しい。しかし林氏は「われわれアジア人はアジア人ならではの身体を持っている。短足の達人たちが築き上げた『武術』や『カンフー』の動きから学ばない理由があろうか」と語り、振り付けを行ってきた。

鑑賞した雲門舞集の演目はどれも、細くて平たく、足の短い東アジア人をこれでもかというくらい美しく魅せた。久しぶりに息をのみ、興奮が止まらないひと時を過ごした。(薩)


関連国・地域: 台湾シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、FA強化へ地場メーカーに出資(18:14)

地場メーカー、中国企業とLNG事業で提携(17:25)

シンガポール航空、医薬品輸送で欧州社と契約(17:57)

ディーゼル商用車の買替促進策、1年延長(17:26)

観光促進に4戦略、国境観光や特別割引(12:17)

テイクオフ:シンガポールは教育熱心…(06/18)

輸出が3年ぶりマイナス幅 電子製品不振、中国向け低迷(06/18)

賃貸用工業不動産、1~3月も軟調(06/18)

18年FDI流入額、776億米ドルで世界4位(06/18)

NZ航空と航空保守大手、機体検査にドローン(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン