【月次リポート】動向(4月)

フィリピンの2019年度国家予算が、4月中旬にようやく成立した。ドゥテルテ大統領は法案に署名したものの、上下両院の合同委員会が承認した歳出額3兆7,570億ペソ(約8兆円)のうち、法案承認後に下院が配分先を改変したとされる公共事業道路省の予算953億ペソについては拒否権を…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

19年成長率5.9%に減速 8年ぶり低水準、公共支出鈍く(01/24)

噴煙活動再び、高さ500メートルに(01/24)

噴火の被災者に物資提供、日本政府(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

シェブロンと開発公社の合弁、21年廃止へ(01/24)

マランパヤガス田、19年の生産量は微増(01/24)

メガワイド、南北鉄道2期受注を期待(01/24)

スカイウェイ第3期、6月までに開通(01/24)

リサール銀、19年のATM利用6.5倍(01/24)

バイク配車、試験運用の混乱に決着(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン