• 印刷する

テイクオフ:中国には、伝統的な街並…

中国には、伝統的な街並みを歩行者天国にリノベする専門の仕掛人がいるに違いない。北京独特の路地、胡同にある南鑼鼓巷も、成都の清代の建築物が残る寛窄巷子も、あるいは江南に点在する水郷の古鎮も、それぞれは離れているのに皆同じような景色に生まれ変わるからだ。

南鑼鼓巷を久しぶりに歩いた。やたらと多いスイーツの店に土産物店、時たま現れるオシャレ系の店、そして全国各地から集まったお上りさん。この雰囲気、何かに似ていると思ったら原宿の竹下通りだ。すべての観光客の需要を満たす通り。仕掛人は竹下通りも参考にしたに違いない。

人ごみに疲れて胡同の奥に入ると、今度は観光客向けとは一線を画すぜ、といったたたずまいの店が目の前に。これは、まさか裏胡同? この床屋でカットすれば、最先端の老北京(北京っ子)になれるはず、と深読みしそうな今の南鑼鼓巷。(蔵)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

啓徳の宅地、本土系企業が129億ドルで落札(13:53)

AD課税を延長、EU産の化学物質に(13:27)

テイクオフ:はたして守られるのか、…(06/27)

勃興する植物工場産業(上) 地場社、来年に大規模施設稼働(06/27)

マンダレー、華為との事業提携を見直しへ(06/27)

デモで3万人が来港見送りか 業界予測、本土客など混乱避け(06/27)

18年の常住人口、1位は広東 経済大省に集中、東北は減少続く(06/27)

本土系銀行の解約呼び掛け、条例改正反対で(06/27)

米対中制裁関税で除外を、第4弾の公聴会終了(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン