• 印刷する

《知財》米優先監視国リスト、インドの指定を延長

米通商代表部(USTR)は、25日に発表した貿易相手国の知的財産保護に関する年次報告書で、前年に続きインドを知財保護に重大な懸念がある「優先監視国」に指定した。状況の改善に向けたインド政府の取り組みを認める一方、具体的な成果が出ていないとして、取り締まりを強めるよう要求していく方針だ。

報告書は、特に革新的な事業に関わる特許で、長期にわたって問題が解決されていないと指摘した。特許要件の厳しさや、取得までに多くの費用と時間を要する点などを課題としている。

産業別では製薬と農薬の分野で、製品の不公平な商業利用が横行しているほか、販売許可を得る際に試験結果や関連データが十分に開示されていないことを問題視した。

USTRは、米通商法スペシャル301条(知的財産権の保護条項)に基づいて年次報告書を公表している。今回の2019年版では、インドや中国、ロシア、インドネシアなど計11カ国を優先監視国に指定した。


関連国・地域: インド米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中村哲医師が亡くなった…(12/09)

北部パンジャブが投資呼掛け 低賃金など売り、日本向け団地も(12/09)

パンジャブで日本の電動バス導入か=地元紙(12/09)

電動二輪ヒーロー、パンジャブ州と提携(12/09)

MGモーター、初EV「ZS」をお披露目(12/09)

タタ自、地方7カ所に自動車の保管倉庫設置(12/09)

配車オラ、豪とNZで事業地域拡大(12/09)

LGのテレビ販売、昨年度は8.6%減(12/09)

住宅設備コーラー、3年で取扱店を倍増へ(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン