• 印刷する

テイクオフ:6年前にカナダから輸入…

6年前にカナダから輸入された2,400トンのごみ返還をめぐり、ドゥテルテ大統領がカナダ政府に対し「戦争宣言」をして脅しを掛けている。

海外メディアは、今回の大統領の発言をもじり、「トラッシュトーク」(主にスポーツ選手が試合前の会見や試合中に相手を挑発し心理面を揺すること)と表現。ドゥテルテ氏は過去にも、ローマ法王やオバマ前米大統領などに暴言を吐き、その都度謝罪してきた。その発言は、大統領や政府への批判に対するののしりや攻撃であふれている。大統領の発言に慣れてしまったとはいえ、同時に多くの国民が恥ずかしさを感じている。

カナダのごみ問題への発言には、迅速な対処を促しているだけと大統領を擁護する声も聞こえる。一方、カナダ政府による具体的な対応はまだない。国のトップである以上、特に外交に影響する発言には気を付けてほしい。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

中銀が政策金利据え置き、3会合ぶり(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

コメの輸入規制撤廃を維持、財務省(11/15)

地場オリオン、エネ事業で米B&Mと提携(11/15)

「悪行税」法案、年内の上院通過に期待(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

外資投資の伸び、東南ア首位=ア開銀(11/15)

ジョリビー、中国に「添好運」の合弁設立(11/15)

ア開銀、自治体の能力向上に3億ドル(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン