• 印刷する

テイクオフ:6年前にカナダから輸入…

6年前にカナダから輸入された2,400トンのごみ返還をめぐり、ドゥテルテ大統領がカナダ政府に対し「戦争宣言」をして脅しを掛けている。

海外メディアは、今回の大統領の発言をもじり、「トラッシュトーク」(主にスポーツ選手が試合前の会見や試合中に相手を挑発し心理面を揺すること)と表現。ドゥテルテ氏は過去にも、ローマ法王やオバマ前米大統領などに暴言を吐き、その都度謝罪してきた。その発言は、大統領や政府への批判に対するののしりや攻撃であふれている。大統領の発言に慣れてしまったとはいえ、同時に多くの国民が恥ずかしさを感じている。

カナダのごみ問題への発言には、迅速な対処を促しているだけと大統領を擁護する声も聞こえる。一方、カナダ政府による具体的な対応はまだない。国のトップである以上、特に外交に影響する発言には気を付けてほしい。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:突然の暴風雨に、開けて…(08/13)

ドル建て社債発行相次ぐ 大手企業、低金利にペソ高追い風(08/13)

フィリピンからの入国も禁止、コロナ対策で(08/13)

比の工場稼働率は8割程度=東芝執行役上席常務(08/13)

コロナ感染新たに4444人、計14万3749人(08/13)

職場での飲食制限、顔シールドも義務化(08/13)

資材製造の信和、駐在員事務所を閉鎖へ(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン