成長エンジン、徐々に地方へ 18年GDP、首都圏は5%割れ

フィリピン統計庁(PSA)は25日、2018年の地域別国内総生産(GDP)を発表した。全国ベースで6.2%だった成長率は、人口が集中するマニラ首都圏で5%を割る一方、ミンダナオ島のダバオなど3地域で8%以上伸び、ほか7地域でも7%超を記録した。政府の積極的なインフラ投資…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

JGサミット、航空好調で1Qは54%増益(15:25)

電子サーテック、電力調整器などの生産拡大(12:19)

比中連合のLNG基地建設、予定地決まらず(12:08)

テイクオフ:今回の中間選挙は、フィ…(05/20)

セブで初のコンテナ船を進水 常石造船、建造船種を多様化へ(05/20)

オリコ、自動車ローンで進出(05/20)

日系10社と拡張で合意文書、大統領訪日で(05/20)

付加価値税の還付手続き、新指針で迅速化(05/20)

世界有力企業ランク、比からBDOなど6社(05/20)

台湾8社、米中摩擦でスービックに投資計画(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン