成長エンジン、徐々に地方へ 18年GDP、首都圏は5%割れ

フィリピン統計庁(PSA)は25日、2018年の地域別国内総生産(GDP)を発表した。全国ベースで6.2%だった成長率は、人口が集中するマニラ首都圏で5%を割る一方、ミンダナオ島のダバオなど3地域で8%以上伸び、ほか7地域でも7%超を記録した。政府の積極的なインフラ投資…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所狭しと並べられた豪華…(05/12)

事業モデルの進化へ手応え MUFGの東南アジア戦略(5)(05/12)

GDP、1~3月4.2%減 5期連続マイナス、感染拡大響く(05/12)

新型コロナ、新たに4734人感染(05/12)

ワクチン接種の義務化は撤回、外国人家政婦(05/12)

インド型変異株、国内初の感染確認(05/12)

米ファイザー製ワクチン、第1便が到着(05/12)

マスク着用義務違反、早くも900人逮捕(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン