• 印刷する

1Qの消費者苦情、アフターサービスが3割

中国消費者協会は23日、第1四半期(1~3月)に全国で受理した消費者からの苦情は18万9,654件だったと発表した。アフターサービスに関する苦情が全体の3割を占め、最も多かった。

消費者協会が解決した苦情は15万4,568件で、解決率は81.5%。協会の苦情処理によって救済された消費者の経済損失は3億3,730万元(約56億800万円)に上ったという。

苦情の内容を見ると、アフターサービスに関するものが最も多く、全体の32.1%に当たる6万812件だった。2位は品質に関する苦情(4万5,455件、全体の24.0%)、3位は契約関連(3万9,506件、20.8%)と続き、これら3種類で全体の4分の3以上を占めた。以下は◇虚偽広告(1万2,069件、6.4%)◇価格(7,850件、4.1%)◇安全(7,184件、3.8%)◇偽物(5,046件、2.7%)◇人格尊厳(1,335件、0.7%)◇計量(978件、0.5%)――などが続いている。

商品に関する苦情は8万2,866件で、類別では家庭用電子・電器類が全体の27.1%を占めて最も多かった。サービスに関する苦情は10万6件となり、類別では生活・社会サービス類が最大の22.9%を占めた。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(15:14)

家具の敏華、米向け生産をベトナムに移管(18:36)

華為、豪・NZへのグーグル問題の影響否定(19:08)

高速道路の料金所削減、国務院が具体策(19:14)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

米企業に出荷停止広がる、華為禁輸措置で(05/22)

テイクオフ:枇杷(ビワ)が旬を迎え…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

成長率上限、2.5%に下方修正 米中貿易戦争の下振れリスク懸念(05/22)

米排除に強気姿勢、華為CEO(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン