【台湾企業】洋上風力発電も推進、造船最大手 台湾国際造船(CSBC)

会社創立は1937年。日本統治下で、台湾銀行と台湾電力、当時の三菱重工業や大阪郵船、日本郵船といった日台の大手企業が出資した。豊富な資金力で南部の高雄市と北部の基隆市に造船拠点を確立。設立からこれまでに建造した船舶は、商業用や防衛用艦艇など、674隻に上る。一時公営化…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:スーパーやコンビニで、…(05/27)

EMS和碩、回帰投資に149億元 R&Dなど強化、米中摩擦に対応(05/27)

TSMC、華為傘下・海思半導体への出荷継続(05/27)

TSMC、工員死亡事故で南科工場が操業停止(05/27)

群創董事長、中国への技術移転を否定(05/27)

アップルストア、2号店も信義区でオープンへ(05/27)

グローバルWifi、桃園空港で受取可能に(05/27)

華新麗華、中国銅条メーカー株を地場企業に売却(05/27)

中鋼の3Q鋼材価格、全品目を引き下げ(05/27)

21年度まで戴会長続投意向、シャープ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン