• 印刷する

ニルヴァーナ、大和ハウスと一戸建て開発

ニルヴァーナ・ダイイと大和ハウス工業が共同開発中の高級一戸建て住宅の外観=24日、バンコク(NNA撮影)

ニルヴァーナ・ダイイと大和ハウス工業が共同開発中の高級一戸建て住宅の外観=24日、バンコク(NNA撮影)

タイの大手財閥ブンロート・ブルワリー傘下の不動産開発・建材製造会社ニルヴァーナ・ダイイは24日、大和ハウス工業と共同でバンコク東部クルンテープ・クリタ地区で開発している高級一戸建て住宅プロジェクトの詳細を発表した。現代的なデザインを好む、若年層の企業幹部や起業家らの需要を取り込む。

プロジェクトの名称は「ニルヴァーナ・ビヨンド・ラマ9―クルンテープ・クリタ」。事業総額は26億バーツ(約91億円)で、一戸建て住宅を85戸建設している。

住宅は3階建てで、面積は300~470平方メートル。販売価格は2,800~4,400万バーツ。温度設定を自動調節する空調システムが備えられている。同システムはアレルギー対策として、ほこりの除去や、湿度調整の機能も備える。

建設地は空港鉄道「エアポート・レール・リンク(エアポートリンク)」や、今後開通予定の首都圏鉄道「イエローライン」、「オレンジライン」の沿線エリアとなる。シーナカリン通りや、パタナカン通りなどの大通りに近く、不動産開発が活発な地域。周辺にはインターナショナルスクールや、ショッピングモール、ゴルフ場、病院などがある。

バンコクで開発中の高級一戸建て住宅の詳細を発表した、大和ハウス工業の久下氏(右)=バンコク、24日(NNA撮影)

バンコクで開発中の高級一戸建て住宅の詳細を発表した、大和ハウス工業の久下氏(右)=バンコク、24日(NNA撮影)

大和ハウス工業海外事業部の久下昌周・事業部長はNNAに対し、「タイの住宅市場は、CLMV諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、べトナム)と比べ比較的成熟した市場ではあるが、今後も安定した成長が望める市場だとみている」と述べた。

大和ハウス工業は、世界20カ国・地域で住宅事業を展開。東南アジア(ASEAN)では、タイのほかインドネシア、フィリピン、マレーシア、ベトナム、シンガポール、ミャンマーに進出している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの農村を訪れるたび…(05/27)

5年ぶり国会再開、議長選出 親軍政派が協調路線で政権発足へ(05/27)

枢密院議長プレム氏が死去、実力者の元首相(05/27)

4月の新車販売、8.7%増の8.6万台(05/27)

2019年4月のタイの新車販売台数(表)(05/27)

首都空港の商業権入札、失格のマイナー抗議(05/27)

物流ノルディック、タイで拠点立ち上げ(05/27)

政府、メソト空港拡張へ土地収用予算を拠出(05/27)

首都空港の隣接開発用地、年内に入札実施へ(05/27)

一般住宅の太陽光発電、買取受付が開始(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン