• 印刷する

プロトン、新アイリスとペルソナを発表

マレーシアの国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは23日、フェイスリフト(マイナーチェンジの一種)した小型ハッチバック「アイリス」と小型セダン「ペルソナ」を発表した。

新アイリスとペルソナは、プロトンが2017年に戦略提携した中国の浙江吉利控股集団(吉利集団)からデザインや技術協力を得た。アイリスは排気量1300ccと同1600ccのDOHC4気筒VVTエンジン、マニュアルトランスミッション(MT)と無段変速機(CVT)を組み合わせた5グレードからなる。外観はスポーツタイプ多目的車(SUV)「X70」を想起させるデザインを採用し、既存モデルよりもスポーティーさを高めた。安全機能も高め、新車評価プログラム「ASEAN・NCAP」で五つ星を獲得している。マレー半島部の価格(保険料含まず)は3万6,700~5万700リンギ(約99万~137万円)。

ペルソナは、1600ccのDOHC4気筒VVTエンジンを搭載。MTとCVTの4グレードで展開する。こちらも「X70」を想起させるデザインを採用しつつ高級感を出した。安全機能も高め、ASEAN・NCAPで五つ星を獲得している。マレー半島部での価格は4万2,600~5万4,600リンギ。アイリス、ペルソナともに3年間の無料点検サービスや各種保険パッケージ、車載ネットワーク設備の5年間データ通信無料パッケージなどが含まれる。

24日付マレーシアン・リザーブによると、プロトンのサイド・ファイサル・アルバル会長は、新しいアイリスとペルソナの予約台数が既に合計で8,000台に達しており「旗艦モデルとなっている『X70』に続く、販売台数飛躍の起爆剤になる」と意気込みを見せた。

プロトンのリー・チュンロン(李春栄)最高経営責任者(CEO)は、新アイリスとペルソナの販売で年内に同社の収支を合わせ、2020年には黒字化できると自信をみせた。

プロトンが発表した新しいペルソナ(左)とアイリス(右)=クアラルンプール(同社提供)

プロトンが発表した新しいペルソナ(左)とアイリス(右)=クアラルンプール(同社提供)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教のラマダン(…(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

物流ビジネスを総合サポート 日野マレーシア・内山社長に聞く(05/27)

RM=26.1円、$=4.19RM(24日)(05/27)

JALとマレーシア航空、提携強化へ(05/27)

クダのラバーシティー、来年にも第1期完成(05/27)

UMW、20年には航空宇宙部門を黒字化(05/27)

KPS、製造業投資強化で買収継続意向(05/27)

手袋コッサン、新工場稼働で2桁増収へ(05/27)

鉄柱メストロン、IPO資金で工場拡張(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン