• 印刷する

テイクオフ:南北に長いマレー半島側…

南北に長いマレー半島側のマレーシアはおよそ真ん中で東西に線を引くと、それが高速道路E8号線になるイメージだ。クアラルンプール(KL)を起点にクアンタンで東海岸にぶつかると、北上してトレンガヌまで続く。

再開された中国主導の東海岸鉄道(ECRL)事業はほぼE8号線に沿って敷設される。KLからクアンタンまで約260キロ。車で出掛けた。海の透明度が高いクアンタンでは米系5つ星がリゾート展開している。

が、「ビジネス客が増えた」とホテルの従業員。宿泊の大半は外国人だが、ECRLの駅が設置されることになり、視察目的でにぎわい始めたという。ホテルの外の海岸沿いには屋台が並び、地元の若い家族連れが休日を楽しんでいる。素朴な手作りアイスクリームが1.5リンギ(約40円)で頬ばれた。鉄道はどんな新しい世界を運んでくるのだろう。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア継続に「黄信号」 監査が注記、同社は業績回復強調(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

RM1=25.2円、$1=4.26RM(9日)(07/10)

融資返済猶予適用、6日時点で514億リンギ(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

外国人採用前に地元で求人を、人的資源相(07/10)

SOCSO、3千万リンギを不正給付か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン