• 印刷する

スマホ市場のアップル人気、豪で低下=調査

オーストラリアでは、米アップルのスマートフォン(スマホ)とタブレットの市場シェアが縮小している。今年第1四半期(1~3月)のアップル端末向けOS(基本ソフト)のiOSのシェアは、前年同期比1ポイント低下の36.4%だったことが、英市場調査会社カンター・ワールドパネルの調べで分かった。一方、米グーグルのOS「アンドロイド」搭載機器のシェアは昨年の61%から63.5%に上昇している。23日付オーストラリアンが伝えた。

スマホのシェアでは、アップルの「iPhone(アイフォーン)」の中でも低価格帯の新型モデル「XR(テンアール)」が8.1%と1位となった。iPhoneXRは、アップル以外の他機種から買い替える消費者が多いという。同じくiPhone新型の「XS(テンエス)」と「XSマックス」のシェアは合わせて7.2%で、古いバージョンのiPhoneから買い替える消費者が多いようだ。

アンドロイド搭載機器の中では、サムスン電子のシェアが32.7%だった。データには新型「ギャラクシーS10」は含まれないが、スマホのシェアでは「S9」はiPhoneXRに続く2位だった。中国の広東欧珀移動通信(オッポ)のシェアは6.7%、華為技術(ファーウェイ)は5.9%だった。

アンドロイド機器のシェアは、欧州5市場では79.3%と、オーストラリアより断然多い。カンターは、欧州ではサムスンの人気が根強いことと、華為や小米(シャオミ)のシェアが拡大していることがあると説明している。一方、米国ではアップルのシェアが45.5%と高水準だ。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ニュージーランド(NZ…(10/16)

豪政権の内部文書が流出 失業手当引上げ方針など漏えい(10/16)

サントス、米コノコからNTガス権益を取得(10/16)

豪リヨン、中国と蓄電池プロジェクト推進(10/16)

気象予報、12月には乾燥緩和か(10/16)

米サイバー企メンロー、豪州に進出(10/16)

NBNの卸売価格高すぎ、競争委が調査開始(10/16)

服飾業界、今後は長期低迷も=報告書(10/16)

銀行金利調査は格付に悪影響=大手銀CEO(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン