• 印刷する

保健省、患者の医療記録をデジタル化へ

カンボジアのモム・ブンヘーン保健相は、全国の国立病院に患者の医療記録を把握できるデジタルシステムを導入する方針を明らかにした。クメール・タイムズ(電子版)が22日伝えた。

このシステムは「ペット・ユルン」と呼ばれ、患者に病歴や治療歴をデジタル入力したカードを発行。診療の際にデータを読み取って、迅速かつ的確な治療に役立てる。患者にとっては、診療に無駄がなくなることで医療費の削減にもつながるという。

導入の第1号は、首都プノンペンのアンズオン病院の予定。6月の導入を目指し、医師や職員がシステムの使用法に関する訓練を受けている。

同システムは、すでに2013年から一部の私立病院で導入が始まっている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(20:17)

次の乾期は電力安定、エネルギー相が予想(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日本法務総研、カンボジアの司法学院と覚書(01/24)

新型コロナウイルス、水際対策の強化要請(01/24)

SBI、車両販売業者への貸付ファンド組成(01/23)

中国企業、コンポンスプー綿産業へ投資検討(01/23)

ベトナム国営ゴム、農園の拡張を計画(01/23)

主要3空港の旅客数、19年は10%増(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン