• 印刷する

テイクオフ:25年の歴史を持つイン…

25年の歴史を持つインドの民間航空大手、ジェット・エアウェイズが資金難の末、18日に営業を停止した。航空業界や一般市民に与える影響もさることながら、最も心配なのは同社が抱える2万2,000人の従業員の行く末だ。数カ月に及ぶとみられる給与の未払いで、家のローンや子どもの学費が払えなくなっているという。政府に救済を求めているが、どこまで効果があるだろうか。

彼らに手を差し伸べる者がいないわけでもない。ジェットの全面欠航で搭乗率が上昇している競合が、同社よりも安い給与で従業員の引き抜きを始めた。格安航空会社(LCC)のスパイスジェットは既に、操縦士100人超、客室乗務員200人超を含む500人余りを雇用。さらなる採用に意欲を示している。

2012年に経営破綻したキングフィッシャー航空は復活がかなわなかったが、ジェットには返り咲いてほしい。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:携帯電話の盗難がインド…(01/22)

小型セダン「オーラ」投入 現代自、来年度は1桁成長見通し(01/22)

自動車販売店、12月の小売り総数は14.6%減(01/22)

ウーバー、食事宅配事業をゾマトに売却(01/22)

アマゾン、25年までに配達用EV1万台導入(01/22)

リライアンスが食料雑貨店、オムニ化へ着々(01/22)

ドコモ、ヤンマーの遠隔管理システムを支援(01/22)

昨年のFDI流入額、インドは世界8位(01/22)

投資先としての魅力、印は世界4位=PwC(01/22)

19年の成長率予測、IMFが4.8%に引下げ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン