政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける

フィリピン政府は、南シナ海(フィリピン名=西フィリピン海)の領有権問題などをめぐり、国民の間に中国への批判が広がっていることに神経をとがらせている。ドゥテルテ大統領は今週末に訪中する予定だが、領有権問題を棚上げし、経済支援の確保を優先してきた従来の融和的な姿勢…

関連国・地域: 中国フィリピン日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:店内に一歩踏み入れると…(06/14)

国内で接種、入国隔離を短縮 16日から開始、施設で7日間に(06/14)

新型コロナ、新たに7302人感染(06/14)

首都圏などの活動制限緩和、屋内施設など(06/14)

感染対策シール、115社に付与=貿産省(06/14)

トヨタ、2年ぶりに販売店開設(06/14)

日本への食肉輸出、対象品目が拡大(06/14)

国鉄の南長距離事業、設計入札など開始(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン