政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける

フィリピン政府は、南シナ海(フィリピン名=西フィリピン海)の領有権問題などをめぐり、国民の間に中国への批判が広がっていることに神経をとがらせている。ドゥテルテ大統領は今週末に訪中する予定だが、領有権問題を棚上げし、経済支援の確保を優先してきた従来の融和的な姿勢…

関連国・地域: 中国フィリピン日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(15:14)

エンペラドール、高級酒中心に事業拡大へ(19:05)

出前フードパンダ、年内に19都市へ進出(19:05)

テイクオフ:政府による大規模な環境…(05/22)

南北鉄道の全2工区が着工 延伸合わせ事業費1.9兆円(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

船井電機、比で車載用バックライト量産へ(05/22)

比看護師・福祉士候補生308人、来月日本へ(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

外国人不法就労問題、政府が雇用企業閉鎖も(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン