• 印刷する

テイクオフ:国民の80%がカトリッ…

国民の80%がカトリック教徒のフィリピンには、重要な宗教行事がいくつかある。その一つが聖週間(ホーリーウィーク)だ。キリスト教徒は早朝から教会に行き、祈りをささげる。

伝統行事の中には、論議を呼ぶものがある。たとえば「懺悔(ざんげ)」の儀式だ。イエス・キリストが十字架で受難の死を遂げたとされる聖金曜日。路上で皮製のむちで自分の体を叩いたり、十字架に貼り付けになったりする信者がいるのだ。イエスの苦しみと死を追体験し、犯した罪への許しを請う。地元および海外メディアは、恒例行事として、毎年この光景を伝えている。

カトリック教会はこれを推奨せず、むしろ禁じている。それにもかかわらず、イエスの受難を再現しようという信者が後を絶たない。理解不可能、奇妙だと感じるだろう。しかし、イエスとの強い結びつきを求める、あつい信仰心の表れなのだろうと私は思う。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

JGサミット、航空好調で1Qは54%増益(15:25)

電子サーテック、電力調整器などの生産拡大(12:19)

比中連合のLNG基地建設、予定地決まらず(12:08)

テイクオフ:今回の中間選挙は、フィ…(05/20)

セブで初のコンテナ船を進水 常石造船、建造船種を多様化へ(05/20)

オリコ、自動車ローンで進出(05/20)

日系10社と拡張で合意文書、大統領訪日で(05/20)

付加価値税の還付手続き、新指針で迅速化(05/20)

世界有力企業ランク、比からBDOなど6社(05/20)

台湾8社、米中摩擦でスービックに投資計画(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン