商務省「遺憾」、WTO穀物紛争で米に敗訴

中国商務省は19日、穀物の関税割当制度を巡る紛争で世界貿易機関(WTO)の紛争処理小委員会(パネル)が米側の勝訴とする判断を下したことについて、「遺憾の意を表明する」とした条約法律局責任者の談話を発表した。「中国は一貫してWTOルールを尊重している」と主張した。…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(15:14)

家具の敏華、米向け生産をベトナムに移管(18:36)

華為、豪・NZへのグーグル問題の影響否定(19:08)

高速道路の料金所削減、国務院が具体策(19:14)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

米企業に出荷停止広がる、華為禁輸措置で(05/22)

テイクオフ:枇杷(ビワ)が旬を迎え…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

成長率上限、2.5%に下方修正 米中貿易戦争の下振れリスク懸念(05/22)

米排除に強気姿勢、華為CEO(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン