• 印刷する

19~24日に最高気温40度も、気象省

カンボジア水資源・気象省は18日、19~24日に最高気温が37~40度に上昇するとの予報を明らかにした。国営カンボジア通信が伝えた。

首都プノンペンや複数の州では、季節的な降雨が予想されるという。雷や突風にも注意が必要だと説明している。

カンボジアでは例年よりも気温が高く、降雨が少ない日が続いている。この影響でダムの水位が低下し、水力発電所が稼働できず、全国で計画停電が実施されている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

証取所の出来高950万株、過去最高を更新(20:06)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

中銀、経済安定へリエル供給を継続(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

携帯加入1970万件に増加、通信当局(05/22)

台湾の旅行会社未払い、地元業者が支援要請(05/22)

農水省、輸出拡大へ検疫規制の理解促す(05/22)

福建省の軽工業団体がカンボジア訪問(05/22)

新興IT300社に急増 5年で6倍、資金調達など課題(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン