主要指数が16年来の低水準、格下げ臆測響く

マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)の主要指数であるFTSEブルサ・マレーシア(FBM・KLCI)は18日の終値が1,619.73となり、2016年以来の低水準に落ち込んでいる。通貨リンギの対米相場が弱含んでいるほか、マレーシアが世界国債インデックス(WGBI)から除…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

19年の社債発行額、過去最高の1328億リンギ(16:02)

現金決済はポイントなし、グラブが3月から(14:59)

船舶への低硫黄燃料供給、クラン港で開始へ(13:53)

テイクオフ:当地は子だくさん家庭が…(01/22)

プロドゥアが設備投資86%増 販売目標は前年並みの24万台(01/22)

プロトン、20年販売目標は3割増の13.2万台(01/22)

RM1=27.0円、$1=4.07RM(21日)(01/22)

クルジャヤが建設受注、三井不のアパート(01/22)

西鉄現法、航空産業向け品質規格認証を取得(01/22)

エールフランス、マレーシア航空出資に関心(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン