主要指数が16年来の低水準、格下げ臆測響く

マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)の主要指数であるFTSEブルサ・マレーシア(FBM・KLCI)は18日の終値が1,619.73となり、2016年以来の低水準に落ち込んでいる。通貨リンギの対米相場が弱含んでいるほか、マレーシアが世界国債インデックス(WGBI)から除…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:イスラム教のラマダン(…(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

物流ビジネスを総合サポート 日野マレーシア・内山社長に聞く(05/27)

RM=26.1円、$=4.19RM(24日)(05/27)

JALとマレーシア航空、提携強化へ(05/27)

クダのラバーシティー、来年にも第1期完成(05/27)

UMW、20年には航空宇宙部門を黒字化(05/27)

KPS、製造業投資強化で買収継続意向(05/27)

手袋コッサン、新工場稼働で2桁増収へ(05/27)

鉄柱メストロン、IPO資金で工場拡張(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン