• 印刷する

訪日観光メディア、ベトナム語にも対応

海外向けインターネットメディアの運営などを手掛けるD2C X(ディーツーシークロス、東京都中央区)は17日、訪日外国人観光客向けのウェブメディアのサイトをリニューアルし、新たにベトナム語と韓国語にも対応したと発表した。

このウェブメディア「tsunagu Japan」<https://www.tsunagujapan.com/>は、ベトナム語と韓国語のほか、英語、中国語(繁体字・簡体字)、タイ語に対応し、各国のネイティブスタッフが外国人の視点で、日本のおすすめのレストランや土産、観光コースなどの情報を提供している。

月間のユニークユーザー(サイトの訪問者数)は150万、プレビュー(サイトの閲覧回数)は400万回以上に上る。特に繁体字版のアクセス数が、全体の5割を占めるという。今後、対応言語の拡大やコンテンツの強化などのほか、ホテルやレストラン、文化体験などをサイトから直接予約できる機能を追加していく予定としている。

日本政府観光局(JNTO)によると、2018年に日本を訪れたベトナム人旅行者は前年比26%増の約39万人に上り、過去最高を記録。19年第1四半期(1~3月)は前年同期比42%増の約12万人で、東南アジア諸国連合(ASEAN)6カ国でタイに次ぎ2位となった。


関連国・地域: 韓国ベトナム日本
関連業種: IT・通信観光

その他記事

すべての文頭を開く

ホンダ、四輪販売3万台超え 新モデル投入で過去最高更新狙う(05/27)

1~5月のFDI、70%増の167億ドル(05/27)

不動産への外国投資、1~4月に36%増(05/27)

通信2社、近くモバイルマネー実施へ(05/27)

フェイスブックの投稿規制、6倍に拡大(05/27)

ベトテル、固定回線を無償で2倍速化(05/27)

韓国政府、ICT企業の越進出を積極支援(05/27)

韓国IT企業が進出、システム構築提供へ(05/27)

ビンコマース、ベトナム初のバーチャル店舗(05/27)

1QのFMCG市場、過去4年で最大の伸び(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン