• 印刷する

「ロボットに仕事奪われる」29%=調査

マレーシア人の29%がロボットとオートメーション(自動化)によって、仕事を奪われると考えていることが英調査会社ユーガブによる調査で明らかになった。

「仕事を奪われる」との回答は、18~24歳の層(45%)と低所得層(月収4,000リンギ=約10万8,000円以下、33%)で特に多かった。

また、「ロボットが自分の仕事に何らかの影響を与える」との回答は、全体のほぼ半数にあたる49%に上った。そう答えた人のうち、30%は「5年以内」に影響を受けると一方、影響を受けるまでに「10年以上」かかるとの回答は35%だった。

このほか、「経済全体で見て、ロボットとオートメーションが失業につながる」との回答は69%だった。一方で、「幅広い技術導入が雇用を生む」との回答も31%あった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地下経済からも徴税へ GDPの4分の1、SST拡大も(10/18)

来年の最低賃金見直し、与党議員が提言(10/18)

外国人労働者割合、来年めどに15%に(10/18)

過去4年半の自己破産は8万人、7割は男性(10/18)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(17日)(10/18)

インソン最大の受注、南米企業から50億ドル(10/18)

高速道路PLUS、実業家が新たな買収提案(10/18)

サウジ航空、ジッダ線にドリームライナー導入(10/18)

MRTコープ、線路点検で英アラップと契約(10/18)

ICT産業の粗付加価値、18年は7%増(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン