• 印刷する

小売ドンキ、海外空港に初出店

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は17日、シンガポールのチャンギ空港にモバイルフード(手軽に携帯できる食べもの)に特化した小型店「ドンドンドンキ・スイートポテトファクトリー」を開業すると発表した。シンガポールでは4店舗目、海外の空港では初出店となる。

新店舗は、海外事業持ち株会社であるパン・パシフィック・リテールマネジメント(シンガポール)を通じて5月1日に出店する。立地は第3ターミナルの出発ロビーで、売り場面積は30.8平方メートルだ。

東南アジア向けのブランド「ドンドンドンキ」のシンガポールの既存店舗では、サツマイモ「紅はるか」を使った焼き芋を提供しており、行列ができるほど人気を集めている。チャンギ空港の店舗では、焼き芋のほか大学芋やさつまいもミルクシェイク、食べきりサイズのポケット菓子、飲料などを販売。空港内で気軽に食べられる商品を用意する。

■5店舗目は5月8日オープン

PPIHはこのほか、中心部ノベナの商業施設「スクエア2」内に設けるドンドンドンキのシンガポール5店舗目の開業準備を進めている。5月8日にオープンする予定だ。

ノベナ周辺は日本人居住者が多い。スクエア2はMRT(地下鉄・高架鉄道)ノベナ駅に直結して利便性が高いことから、食品を中心にスーパーマーケットの役割に重点を置いた店にする。

チャンギ空港第3ターミナルにオープンする「ドンドンドンキ・スイートポテトファクトリー」(イメージ図、PPIH提供)

チャンギ空港第3ターミナルにオープンする「ドンドンドンキ・スイートポテトファクトリー」(イメージ図、PPIH提供)


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

電力小売市場、自由化で5社撤退(05/25)

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

東南アのオフィス賃料、2都市で2桁上昇(05/24)

ア太の運用資産残高、地場企業が上位独占(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

4月のインフレ率0.8%、約2年ぶり高水準(05/24)

陸運大手、9月までに自動運転バス商用化(05/24)

金融機関の行動規範強化へ、新グループ設立(05/24)

6月3日から10分延長、証券取引所(05/24)

資源大手メドコ、英オフィールの買収完了(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン