• 印刷する

ベトナムが追加電力供給に合意、首相

カンボジアのフン・セン首相は、ベトナムのグエン・スアン・フック首相がカンボジアへの追加の電力供給に合意したと明らかにした。カンボジア政府は、追加供給分を電力不足の緩和に活用する考えだ。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

カンボジアはベトナムから約20万キロワット(kW)相当の電力を輸入している。今回、さらに5万kW相当の電力を追加で輸入する見通し。

カンボジアでは例年よりも気温が高い日が続いている。この影響でダムの水位が低下し、水力発電所が稼働できず、全国で計画停電が実施されている。フン・セン首相によると、電力不足は40万kW相当に上る。


関連国・地域: ベトナムカンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国系のコンドやホテル、首都で年内に着工(09/17)

履物の業界団体が設立式、投資誘致へ(09/17)

コッコン州の石炭火力、電力購入者を模索(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

タイ周辺3国、人材が課題 人件費に利点も長期的視点が必要(09/16)

首相がカンボジア訪問、国境の和平で合意(09/16)

南部の旗艦空港、新拡張計画で旅客増に対応(09/16)

首都に商業施設「B2Bパーク」、来年開業へ(09/16)

ロシアに使節団派遣、EAEUと貿易交渉(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン