食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益

フィリピンのゴコンウェイ財閥傘下の食品大手ユニバーサル・ロビナ(URC)が発表した2018年通期決算は、純利益が前年比15%減の95億ペソ(約203億円)だった。販売・輸送コストなどの増加や、通貨ペソ安による為替差損の拡大が2桁減益の大きな要因だ。 売上高は2%増の1,278…

関連国・地域: ベトナムミャンマーフィリピンオーストラリアニュージーランド
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドゥテルテ大統領の発言…(12/10)

財閥SMの埋立開発が認可 900億ペソ投資、巨大娯楽地区に(12/10)

関電工、地場工事会社に40%出資(12/10)

スービック開発で協力覚書、日比インフラ合同委(12/10)

貿産省、20年に1.5兆ペソの投資予測(12/10)

輸入品の過小申告、関税局が没収も(12/10)

電子業界、税制改革で雇用50%喪失を懸念(12/10)

サンミゲル、MRT7号線の延伸計画(12/10)

マララグ港改修が完了、南ダバオ州(12/10)

マカティ市、ネット賭博への免許付与停止(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン