空港に検疫犬配置、豚コレラ感染防止

フィリピンの農業省は、今月30日から主要な国際空港に肉製品を臭いでかぎ分ける検疫探知犬を配置する。ベトナムや中国で被害が拡大するアフリカ豚コレラ(ASF)に感染した製品の侵入を防止する。ASFに感染した豚肉を持ち込んだ場合、最大20万ペソ(約43万円)の罰金が科せら…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 農林・水産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

税制改革第2弾、上院で可決 法人税引き下げ、企業活動後押し(11/27)

北イロコス州の州都、厳格措置に逆戻り(11/27)

コロナ感染新たに1392人、計42万4297人(11/27)

21年度予算、上院で可決(11/27)

BDO、野村HDとの合弁解消手続き完了(11/27)

10月の国際収支、黒字34億ドルに拡大(11/27)

マクロアジア、空港拡張で追加文書提出(11/27)

三菱系合弁、新たな住宅開発を始動(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン