〔クラクション〕政府広報職員が中国語学習

「『菲律賓(fei・lv・bin)』。これはフィリピンのこと」。国立フィリピン大学(UP)孔子学院の中国語教師、孟広潔さんが笑顔で生徒に発声を求めた。 今月12日、大統領府内の一室でのこと。生徒は政府の主要部門の一つ、大統領広報推進戦略企画局(PCOO)の職員約15人だ。…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

太陽光エグチ、アルカラ市に発電設備設置(19:26)

太陽光発電タルラック2、電力供給を開始(16:46)

国民IDシステム、来年1月からカード発行(19:18)

テイクオフ:いまだに終息の気配を見…(04/25)

ルソン中部地震で建物損壊 建材の強度を問題視、監視強化へ(04/25)

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(04/25)

SMプライム、中国モール拡張に80億ペソ(04/25)

不動産フィリンベスト、設備投資45%拡大(04/25)

マニラウオーター、水不足で当局の怠慢指摘(04/25)

アボイティス、ベトナム再エネ事業に投資へ(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン