セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード

コンビニエンスストア「セブン―イレブン」のフィリピンにおける店舗数が、2018年末時点で前年比12%増の2,550店となった。265店の純増だ。日本以外の海外店舗数では、フィリピンは東南アジアでタイに次ぐ2番目、世界でも7番目に多い。セブン―イレブンを含む日系コンビニがしの…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

テイクオフ:3月末にフィリピンの夏…(04/17)

セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード(04/17)

19年度国家予算が成立、大統領は一部拒否(04/17)

20年度予算は9%増の4.1兆ペソ、政府方針(04/17)

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書(04/17)

持続可能性報告、来年から上場企業に義務化(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン