デリバティブAPEX、燃料油の先物取引開始

中国系のデリバティブ(金融派生商品)取引所「アジア・パシフィック・エクスチェンジ(APEX)」は11日、シンガポールで燃料油の先物取引を開始した。中国など海外の投資家を取り込む。ロイター通信が伝えた。 対象となるのは高硫黄燃料油「380CST」で、受渡単位は10トン。…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 金融天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでは今年1…(01/22)

19年FDI、42%増 香港回避で世界3位に(01/22)

竹中工務店、チャンギ空港拡張工事受注(01/22)

地場建設と現代、スポーツ施設建設で提携(01/22)

19年の新規車両登録、ほぼ横ばいの10万台(01/22)

DBS銀、企業間取引のQRコード決済開始(01/22)

中国ゾールがデジタル銀免許申請、丸紅も参加(01/22)

地場人材HRネット、インドネシアで合弁(01/22)

【グラフでみるASEAN】対日貿易(11月)輸出が2カ月連続で2桁減(01/22)

格安ホテルのゼンルームズ、比に本社移転(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン