• 印刷する

産休延長法でコスト拡大懸念、企業調査

フィリピン雇用者連合(ECOP)は、2月に成立した産休延長法に対する企業調査の最終集計結果をこのほど発表した。回答企業の5割が同法に賛成すると答えたものの、コスト拡大を懸念する声も出た。

調査は3月11~31日に実施し、118社から回答を得た。従業員数別の割合は、200人以上が55%、100~199人が20%、10~99人が22%、1~9人が3%だった。

産休延長法を支持するかどうかを聞いたところ、「はい」が50%(59社)、「いいえ」が32%(38社)、「どちらでもない」が18%(21社)だった。「女性の採用に影響するか」との質問には、「はい」が31%(36社)、「いいえ」が69%(82社)となった。

女性の採用に影響すると答えた企業は、◇産休が長引くことで業務と事業計画を阻害する◇代替要員の確保も含め、人件費が高くなる◇産休で従業員が会社を長く離れることで、生産性が低下する◇女性が多く働く産業の中小企業への影響が大きい――などの理由を挙げた。

産休延長法により、基本的な産休期間は従来の60日間から105日に延長された。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小腹がすいた昼過ぎ、ず…(11/14)

野党要人、EU・日本の大使と会談(11/14)

修正案でインフラ強化 優先事業7割、来年半ば着工(11/14)

政府インフラ事業は「惨めな失敗」=野党(11/14)

ウデンナ、シェブロンのガス田権益取得(11/14)

IT・BPM業界、予想成長率を下方修正(11/14)

民間の経済指標予測は改善、財務次官が認識(11/14)

ウデンナ、ウェンディーズの事業権取得(11/14)

電子アイオニクス、20年に1000万ドル投資(11/14)

電子決済のペイマヤ、銀行間送金を可能に(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン