• 印刷する

雇用主の65%、採用時にハードスキル重視

人材紹介大手ヘイズ・アジアが実施した調査で、シンガポールの雇用主の65%が従業員の採用時にコミュニケーション能力などのソフトスキルよりも、実用的なハードスキルを重視していることが明らかになった。人材不足が背景にあるという。

調査は、中国本土、香港、日本、マレーシア、シンガポールの雇用主を対象に実施。ハードスキルを重視する割合は全体の59%だった。

シンガポールで特に求められているハードスキルは、プロジェクト管理能力、統計分析・データマイニング(大量のデータから有用な情報を見つける技術)能力、コンピューター操作能力だった。

ソフトスキルでは、問題解決能力、チームワーク、コミュニケーション能力の割合が高かった。交渉力や時間管理能力、柔軟性などはあまり求められていなかった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

5カ月連続輸出減、通年で10年ぶり低水準も(20:34)

フィンテック資金調達額、上期は4倍近く(20:34)

無人コンビニ、地場3社が展開(20:32)

小児ぜんそく監視端末、スタートアップ開発(15:22)

一帯一路への関心高く 東南アジア、投資はベトナム首位(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

工業不動産の入居需要、貿易摩擦で低迷(08/16)

みずほ銀行子会社、サイバー攻撃で情報漏えい(08/16)

人材派遣フルキャスト、地場企業と合弁会社(08/16)

陸運大手の社会事業部門、人材紹介開始(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン