• 印刷する

労働人口の26%がフリーランス、増加基調

マレーシアの労働力人口のうち、独立自営で働くフリーランスの割合が26%に達している。「ギグエコノミー」(インターネットを通じて単発や短期の仕事を受注する就労形態)の拡大によって、今後もギグエコノミーを支えるフリーランスや「ギガーズ」が増加すると見込まれる。6日付スターが伝えた。

近年、民泊や配車サービス、オンライン物販などの普及によって、個人がインターネットを介して事業に乗り出す際の障壁が、従来よりも低くなった。クラウドワークスを経由し、オンライン上でプログラミングやライティング作業を受注して生計を立てる人も増加した。

アジアでフリーランスなど個人事業主の割合が最も高いのはインドで、労働力人口の79.0%を占める。以下、ベトナム(59.6%)、インドネシア(50.9%)、中国(36.3%)が続く。

米コンサルティング大手マッキンゼー・アンド・カンパニーによれば、ギグエコノミーの規模は2015年から25年までに2兆7,000億米ドル(約302兆円)拡大し、世界全体の国内総生産(GDP)の2%に相当すると予測される。

米国では18年、10人に1人がフリーランスとして生計を立て、創出した経済規模は1兆4,000億米ドルに達した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:連邦直轄区のクアラルン…(07/06)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

コロナ禍で初の地方選挙、与党候補が圧勝(07/06)

景気刺激策の税務解説、ジェトロがセミナー(07/06)

RM1=25.1円、$1=4.29RM(3日)(07/06)

第3の国民車構想、現政権下でも継続(07/06)

上場223社の2割が1Q赤字、制限令など影響(07/06)

業務自動化に8割が期待、失業懸念は3割超(07/06)

一般家庭の電気代割引措置、年末まで延長(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン