• 印刷する

米大使館、ラカインの人道支援滞りに懸念

在ミャンマー米大使館は2日、北部ラカイン州などでの国軍と少数民族武装勢力、アラカン軍(AA)との紛争激化で、避難民に対する人道支援が滞っているとして、重大な懸念を表明する声明を発表した。

声明によると、今回の紛争で生じたラカイン州の1万7,000人に上る避難民に対し、政府・国軍が援助団体などによる十分な人道支援活動を認めていない。一部の避難民に食糧は届いているものの、満足な支援にはほど遠いという。

その他にも、今年1月以来、ラカイン州5郡区で9万5,000人の避難民が、保健医療、教育、清潔な水など基礎的な援助を受けられないでいる。北部カチン州や北東部シャン州北部でも、10万人の避難民に対する人道援助が滞っている。

声明は「すべての関係者に、紛争の終結と平和的解決に向けた新たな努力を呼び掛ける」とする一方、ミャンマー政府と国軍に対し、人道援助を認めるよう求めた。


関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

決済ソフトスペース、カンボジアなど進出へ(12:52)

EUの縫製業界支援策、労働安全などで始動(12:52)

ミャンマーの電化率が50%に 目標達成、あと10年余で100%へ(12/10)

スー・チー氏がICJへ出発、10日から公聴会(12/10)

台湾系主導のタンタビン工業団地、開発進む(12/10)

中国外相が来訪、ラカイン支援などを協議(12/10)

中国銀聯、非接触型とQR決済で顧客拡大へ(12/10)

アンコール遺跡―バガンの直行便案が再浮上(12/10)

ヤンゴン空港、今年の利用者600万人達成(12/10)

ヤンゴンバス、10~11月事故38件で死亡10人(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン