司法省が政府契約見直し、中国借款批判受け

フィリピンの司法省と司法長官室(OSG)は、政府が外国と締結した借款契約や、公共インフラの運営権を民間に委ねるコンセッション契約について、契約内容の見直し作業を実施する。中国と締結した借款契約に、フィリピン国民に不利な条項が含まれているとの批判や、マニラ首都圏…

関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:有名な葬儀屋がブラック…(06/02)

大手、設備投資を大幅削減 新型コロナでリスク回避姿勢(06/02)

コロナ感染新たに552人、累計1万8638人(06/02)

冷蔵設備サンデン、現法が本格始動(06/02)

政府が45億ドル調達、国際金融機関などから(06/02)

独企業の51%が投資留保、外資規制など背景(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン