• 印刷する

SKルブリカンツ、越で潤滑油を本格発売

SKグループで潤滑油事業を手掛けるSKルブリカンツは3月30日、ベトナム・ハノイで潤滑油ブランド「SK ZIC」の発売イベントを開催した。ベトナム市場の本格的な攻略に取り掛かる。高度経済成長で需要拡大が見込まれる東南アジア市場進出の足掛かりとしたい考えだ。

SK ZICのマーケティングには、スペイン・プロサッカークラブ「FCバルセロナ(FCB)」を活用する。SKルブリカンツは2018年7月、FCBと3年間のスポンサー契約を締結。韓国と中国、ベトナム、タイ、ロシアの5カ国を対象に、FCBとコラボレーションしたマーケティングを行っている。

発売イベントには、ベトナムサッカー代表のド・ドゥイ・マン選手とド・フン・ドゥン選手も参加した。SKルブリカンツの関係者は「サッカー人気が高まっているベトナムで、FCBの認知度を活用することでSK ZICのブランド認知度を高め、販売拡大につなげたい」とコメントした。

SKルブリカンツによると、ベトナムの潤滑油市場はタイとインドネシアに次いで東南アジアで3番目に大きい。18年の自動車販売台数が前年比約27%増と急成長しているほか、交通手段の9割以上をオートバイが占めていることもあり、SKルブリカンツは潤滑油需要が今後も堅調に増えると期待している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

スマホ発のモバイル決済隆盛 サービス領域、オフラインに拡大(05/24)

サムスン、スマホ市場首位の維持に自信(05/24)

今年の経済成長率予想を引下げ、政府系機関(05/24)

豪がついに5G時代に突入 テルストラなど対応商品発売(05/24)

資産総額の増加率、CJが33%でトップ(05/24)

生産禁止のフロン類、中国から飛来の恐れ(05/24)

SKハイニックス、経営評価で総合首位獲得(05/24)

市内バス公衆WiFi化事業、KTが受注へ(05/24)

19言語に拡充、カカオの翻訳サービス(05/24)

現代自系部品会社、米にEV座席シート供給(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン