自動車政策の公表に遅れ 新政権の再考に理解、MAA会長

マレーシア自動車協会(MAA)のアイシャ・アーマド会長は3月29日に開いた年次総会で、新政権による自動車政策の取り組みに遅れが出ていることに不満を示した。前政権の政策を見直し、業界団体から意見を聞き入れている実情に理解を示した上で、「新しい閣僚や官庁の中には対応…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

パイプ塗装ワーセオン、カタールに合弁工場(13:01)

ペナン交通計画の入札、来年下半期に実施へ(15:23)

地下経済からも徴税へ GDPの4分の1、SST拡大も(10/18)

来年の最低賃金見直し、与党議員が提言(10/18)

外国人労働者割合、来年めどに15%に(10/18)

過去4年半の自己破産は8万人、7割は男性(10/18)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(17日)(10/18)

インソン最大の受注、南米企業から50億ドル(10/18)

高速道路PLUS、実業家が新たな買収提案(10/18)

サウジ航空、ジッダ線にドリームライナー導入(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン